FC2ブログ

変態チャンネル datたん茶葉

DO 30声掛け 坊主

cheak



19時 所用をすましポムポジ着

いつものホームにいつものスカウトとYMさん発見

一か月ぶりの出撃で地蔵スタート

開始前のルーティーンするが気分のらずYMさんに指名してもらう

YM「どれにしましょうか? 和尚さん好みどんな子ですか?」

和尚「どれでもいいですよw 気使ってもらってありがとうございます」

こんな感じで指名してもらいナンパスタート



少しして師しゅんさんDさん合流

そこからしゅんさんの指名始まる

しゅん「和尚さん!!! あれ行きましょう!

行く ガンシカ 戻る

しゅん「和尚さん 次あの赤い子」

行く ちょい和み 戻る

しゅん「じゃあ つぎあれ!」

…………!

雑すぎるwww 

指名が雑すぎるwww 



YMさんの優しさをこれっぽっちも感じさせない雑さ 

しかも、スト低狙いでの指名www

ただ、これでテンポ出来、地蔵克服

一度だけ、逆3は指名されてもいけなかったなー



そして、テンポのっている中、初の外人ナンパ

和尚「こんにちは、てかこんばんは! 日本語わかる?」

少し話すが

女の子「ワタシ、彼氏イマスノデ」





一時間所用で抜ける

戻ってきてポムポジ行くが誰もおらず

また、地藏し松屋に早い坊主飯



お腹いっぱいになり街を歩くと前から見たことある子

12月に切られたキセク発見

和尚「ひさしぶりやね 元気してた」

元キセク「うん、元気よ」

二言三言話し

和尚「じゃあ、気を付けて帰ってね」



そこから色々思い出し落ち込む

なにもできなくなり駅で座り込んでいるとYMさん Dさん合流

先ほどのいきさつを話すと

YM「ありますよね 僕もそういうの凹みますよ」

D「あるあるですよ 続けていると そのうちなれますよ」

と、二人に慰めてもらう



それからYMさんに再度指名してもらいナンパ再開

その後、MSさん合流

コンビ開始



街をまわっていて声をかけてると

女の子「あっ!!!」

まさかのナンパを始めて初めて即った子に声をかける(その日にしゅんさんが準即決め放流後に自分が全く知らずに即ったといういわくつき案件 ただ、みんなの意見としては明らか逆2即されているのではないかとの)

少し話、連れの子は4人で呑みに行きたいとの事だったが和尚グダにより放流

その後もコンビで街をまわりMSさんラインゲ

その後いろいろあり0時終了





ACT



この日はキセクによく合う日であった 

何とも言えない気持ちになったがYMさんDさんの存在が自分をまた奮い立たせてくれた 

仲間の存在の大切さに改めて気づいた日であった 

そして師の雑さに改めて笑わせてもらった日であった

講習して貰ったときからの相変わらずの雑さwww 

だがそこがいい 

それこそがしゅんさんの強さであり自分の学ぶべきとこだと思う

みんな優しい人ばかりだなと改めて実感 



MSさんと会話していて



MS「小倉は会話してもらえるじゃないですか? けどこの前東京から来たスト師と会話したんですけど東京はシカトからスタートらしいですよ ガンシカくずしから 笑わせて だから、小倉はやりやすいって言ってました」



これからの自分のやり方を考えないといけないと思った 

今のやり方では即系、もしくはタイプ落ちしか即れないのではないか? 

諦めない心 

ツイッターでオジョギリダーさんが呟いていた 

お持ち帰りされる女の子は拒否できない女の子 

お持ち帰りする男は拒否を聞かない男の子 

ギリギリに犯罪にならないまでもそろそろ少し諦めない心を身に着けるべきだろう



アバクロの香水が受けがいいと情報 確認してみる



夏に向けてトレーニング強化(ぎっくり腰後にヘルニアと診断される)を 

大きくではなく刺激を入れることで維持に持って行く



ファッションをもう一度構築

最近思うのが年齢ではじかれることがやはり多い 

なので、それ以外 外見、トークなどで自己価値を上げ平均点を上げるよう努力を 

今まで以上に 

そしてたくさんの女の子に引っかかるように





総評



久しぶりのストではあったがとても楽しかった 

翌日、早朝から所用の為早めの切り上げではあったがもっとしたかったなー







仲間と遊ぶのがやはり一番楽しいですな!
1時間前

  1. 2017/05/01(月) 00:20:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Do 10声掛け 1即

check



17時小倉着 

MIさんの送別会ということで しゅんさん Pさん YMさん TTさんと居酒屋で 

スト話に花が咲き感じたのは小倉のTさんにしろイケメンは正義だということはわかった

あとそれ以外でもいろいろ為になる話を聞く 

居酒屋も終わり全員で街へ 



10声かけくらいの時 

20半ばの子 

食事打診通る 

自分で打診しておきながらの2回目の夕食 先ほど腹いっぱい食べた後ではあるがギリ完食 

その後、ホテル打診通り素敵な時間を過ごさせていただいた





ACT 



「4月はボーナス月なんですか?」

丁度居酒屋でその話をしていたところにこの結果 

1年ぶりではあるがとても嬉しかった 



完全なタイプ落ちではあるが自分の刺さる層が分かった気がする 

①まず全員に共通する点は必ず「和尚、間違いなくドSよね」と言われる点 自分では全く感じてはいないのだが何かあるようでドMへの刺さり方が半端ないという事 

②昭和顔が好きな子 和尚、似ている芸能人は遠藤憲一さんである ガッツリ強面の昭和顔ではあるがそういうのが好きな子は一定数いることが解った





ただ、一番大事なのはやはり継続することだったと思う



継続こそ力なり



和尚の座右の銘であるが証明することができ良かった 続けてさえいればきっと…
  1. 2017/03/27(月) 22:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

do 15声かけ 坊主 in 牡蠣の国

check



22時 

寝坊したと慌てて目を覚ましラインを確認 

チューイさんより

「牡蠣いてるんですか?」

やらかしたーーーーーーー! 

完全に寝過ごしてしまった 

すぐラインを返し街に繰り出す 



街につくと間もなくチューイさん合流 

チューイさんより

「牡蠣のマホーン紹介しますよ」

と紹介いただく 



マホーンさんとお話させていただいて印象的だったのが

「僕はおっぱいさえあればいいので!!! 40以下でおっぱいあればだれでもいいですよ」 

オッパイ成人素敵です 

オッパイと言えば小倉のTTさんに勝るとも劣らない熱い気持ちをぶつけて頂いた 



紹介いただいた後、チューイさん

「けーたろからDM来てなかったですか?」 

と言われ確認 

来てるーーー⤵ 

完全に見過ごしていた 

けーたろさん ホンマすいません⤵

次回こそ合流よろしくおねがいします
 


その後一人徘徊しているとチューイさんよりグリーンさんを紹介いただく 

グリーンさんは細身の雰囲気のある方で少しだけトークをし案件いたので声掛け行ったらはぐれてしまった 



グリーンさんと挨拶をかわしウロウロしていると 

出ました 

フルフルさん登場 

相変わらずのイケイケ具合で地蔵トークに花が咲く 

途中和尚のナンパ相談にのっていただき個人的に一筋の光明が見えたような
 
気がしただけだったが のちに…



その後、ズシ男さんとすれ違う 

コンビの途中だったらしくその隣には長身のイケメンが 

チューイさん「あれがへぼいものイモですよ」 

マジかーーー! 

ガチイケメンきたーーーー! 

リアルジャニーズ? 

アイドル? 

自分の知る限りではおそらくイケメンと言われる人はスト師に多いのだが間違いなく1番だと思う 

その後声掛けしつつ2時ごろ撤収





act 

広島は遅くまで声掛けできるのがやはりいい 

この日、気を付けた方がいいスカウトマンを教えてもらう 

口頭での注意のみらしいが無駄なリスクは避けなければ 

こういう時、情報の共有いただけるのは大変ありがたかった 

あと、相談できる相手がいることが嬉しかった 気軽に相談できる人がいる 

とても幸せな環境にいる自分に改めて気づく



ゼロから始め直したスト 

これからはストしなければならないではなく自分のタイミングのストを心掛けよう 
  1. 2017/03/27(月) 21:52:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Do 3声かけ 坊主

CHACK



17時着 

軽く徘徊するが3週間ぶりで完全に地蔵 

初めて一年 

集大成のつもりが動くことできず固まる 



18時過ぎ Dさん着 

指名、コンビしてもらうがビビってしまってモチベ上がらず 

19時過ぎ 自己嫌悪に陥り帰宅





act



声掛けにビビってしまった 

原因としては道聞きオープンを辞めそれ以外を意識した声掛けにシフトしていたがまずそれが間違いだった 

フリースタイルのオープンはモチベーション高いときには有効であるが普段のビビりの自分には固定されたオープンの方が良かったと思う 

というか頭に浮かばない 

何を言っていいのかわからなくなった

年齢、スタイルを考慮するとナンパ師らしいテンション高めのオープンは出来ない 

となると、間接スタイルかつ新しいのを構築しなければ 

ふと、自分以外のアラフォーのスト師はどんな感じのオープンなんだろうと思った  



オープン(間接ナンパ)を考える






ファッションについて 

前回、師に会ったときハットにコート
 
ものすごいおしゃれだと思った 

自分は変わり映えのない恰好 

毎回同じ感じの服装 

モチベアップの一環としてセンスの向上をする 

これについては幸い傍にセンスにおいて抜群の子がいるのでその子に教えてもらう 

新しい服、及びコーディネートの構築










総評







何もできない 見るだけ 動けない 考えるだけ 






一年継続した結果がこれ 

の日Dさんとトークで言われた言葉



「和尚さん向いてないですよねwナンパwww」



自分でもわかっている事 

わかっていたことであるが

周りのスカウト、Dさん、野生はためらうことなく声掛けに勤しんでいる 

違う 全く違う

自分と比較してしまった 

情けない 

何しに来たのか 

ここにいる必要あるのか? 

考えると恥ずかしくなり逃げ帰ってしまった 

これを機に辞めようと思いますナンパ 

自分には無理というのが分かったので 

これが一年続けてきた結果です































で、もう1回、

一から初めて見ようと思いますナンパ 

今までの続きではなく一年前、師に初めて出会ったあの日に戻って一から 



だから、声かけられなくても仕方ない

地蔵して逃げるのは初心者の特権だから


  1. 2017/03/20(月) 22:26:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Do 31声掛け 1ラインゲ

chack



19時着 

Dさんよりライン

Dさん「もう来てますか?」

急いでポムポジへ向かう



ポムポジにはいつものようにスカウトマンと自分たち 

見慣れた光景になったなー、と一人浸る

今日は他の出撃者いない為二人で徘徊

モチベ上がらず地蔵してしまい

和尚「Dさん 始球式見せてもらってもいいですか」

と、お願いしDさんのストを見せてもらう 

やはり、モチベ上がるまでが自分のネックである



その後もダラダラ地蔵気味にストるがこの日は和尚、20声掛けまで奇跡のガンしかゼロ!!!

その横でガンシカされるDさん

Dさん「ヤバいっすね! 今日なんか起こりそうですね」

期待に胸膨らます一日であった




途中連れ出しいけそうな案件いたが緩いグダがずっと続いたのと和尚が顔グダしてしまったため放流

30半ばくらいの案件に声掛けラインゲ 

当日3度目のスカウトマンっぽいと言われその相談がてらのゲットであるがライン即死亡

24時 所用により終了





act



連れ出せそうな案件に対していまさらながらもっと攻め結果を残していくことに重きを置くべきであった 

師曰く「数の中の質」 

わかっていたが実行に移せなかった 

タイムリミットがあるため今一つ突っ込めない 

次回からはそういう場合、とりあえず連れ出し、ラインゲを必ずするようにする 

ろくな結果を出していないのにグダるのは愚の骨頂であると肝に銘じる



声かけについて 

最近は道聞きではなくツイッターなどの情報源からのオープンを利用しているがこれが功を制す 

和みの率が上がった気がする 

これらの情報源をもっと有意義に利用して結果につなげるように



今回から駐車場の変更 

夕方6時から翌朝9時まで200円を見つけた 

ポムポジまではかなり距離あるがコスト削減の為



スカウトマンっぽいグダを最近言われる

サッカーさんにも最初スカウトと思ったと言われた 

昨日言われた子全員になぜ見えるのか聞いた結果、服装は満場一致であった 

小物、色構成の変更をしグダを減らす



24時前 二人組に声をかける 

緩い感じで乗りも良いが未成年との事で放流 



最近の未成年はどうなっとんねん!!! 親の顔見てみたいわ!!!!!!



と一人怒りつつ、犯罪者にならないよう最善の注意を払うこととする





総評



最近、常に思う事 

来月の3月30日でちょうど一年 

師に教えを乞い創めた 

長いようで短かった一年であるが辞めることなくコンスタントに出撃してきたことを誇るべきであろう

座右の銘

継続こそ、力なり 










あの時、師に泣きついてから一年 






見える景色は変わった?

シオンが欲しかったもの 手に入れた?

和尚!!!

  1. 2017/02/18(土) 15:53:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ